2011年6月10日
 
 
ちょんまげぷりん
 
 
2010年日本作品。  上映時間108分。 監督/脚本: 中村義洋 原作: 荒木源 撮影: 小林元 美術: 金勝浩一 編集: 森下博昭 音楽: 安川午朗 エンディングテーマ: 忌野清志郎 『REMEMBER YOU』 照明: 堀直之 装飾: 尾関龍生 録音: 松本昇和 出演: 錦戸亮/ともさかりえ/今野浩喜/佐藤仁美/鈴木福/忽那汐里/堀部圭亮/中村有志/井上順
 
江戸時代の侍が現代にタイムスリップしたらいったいどうなるのか、そうした設定で作られた物語。
原作は、荒木源の小説「ふしぎの国の安兵衛」(映画化後は「ちょんまげぷりん」に改題)
その奇想天外な設定から、ちょっと際物めいた映画ではないかと敬遠する気持ちもあったが、監督が「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督だったので、それが決め手になって観ることにした。
そしてこれが案外な拾い物で、ちょっと得した気分になった。
それにしても中村義洋監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」と云い、「フィッシュストーリー」と云い、この「ちょんまげぷりん」と云い、ちょっと意外性のあるひねった話が好きな監督である。
そしてそれをいとも簡単に(実際は苦労も多いのだろうが、そう見える)面白い娯楽映画に仕上げてしまう。
得難い職人監督である。
主演は関ジャニ∞(エイト)の錦戸亮と、ともさかりえ。
こちらも意外にいい芝居をしていてなかなかの適役。
とくに錦戸亮はこれが映画初出演、しかし初めてとは思えないいい芝居で、ちょっとひねった難しい役を難なくこなしている。
ちょっと漫画チックな展開ながら、話のおもしろさにどんどん引き込まれていき、最後はちょっと胸が熱くなってしまった。
これほどいい映画とは思いもしなかった。
こういう予想の外れ方は、気持ちのいいものである。
またエンディング曲に、忌野清志郎の「REMEMBER YOU」が使われていることも、いいおまけをもらったようで、大いに気をよくしたのであった。

 
 
INDEX
BACK
NEXT
 
 
 
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー