2010年5月4日
 
 
チェイサー
THE CHASER
 
 
2008年韓国作品。  上映時間125分。 監督/脚本: ナ・ホンジン  脚本: イ・シンホ  撮影: イ・スンジェ  音楽: キム・ジュンソク/ チェ・ヨンラク   出演: キム・ユンソク/ ハ・ジョンウ/ ソ・ヨンヒ/ チョン・インギ/ パク・ヒョジュ/ キム・ユジョン/ ク・ヌボン
 
2003年から2004年にかけて、21人が殺された実在の連続殺人事件をモデルに作られた映画である。
その殺人の圧倒的なリアルさには、戦慄をおぼえてしまった。
おぞましく、思わず目を背けたくなるほどの悲惨さである。
さらにこれほどの事件であるにもかかわらず、警察の捜査が笑ってしまうほどに杜撰。
こういうことは、韓国の警察では往々にしてあることなのかもしれない。
それを強烈な皮肉として描いているのだろうが、下手をすると齟齬を来たしてしまいかねないところだ。
だが、そんなことにはお構いなく、圧倒的な力で観客をぐいぐいと映画のなかに引きずり込んでいく。
その力技は見事というほかない。
かつて刑事で、今はデリヘルを経営する主人公ジュンホの猛然とした追跡と、それをかわす犯人との攻防戦は見応えたっぷり。
先の「母なる証明」といい、この映画といい、ともに韓国映画の実力のほどを、これでもかと見せつけられた格好だ。
韓国映画恐るべし、である。<2010/5/10>

 
 
INDEX
BACK
NEXT
 
 
 
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー