2010年5月3日
 
 
うた魂(たま)♪
 
 
 
2008年日本作品。  上映時間120分。 監督/脚本: 田中誠  製作: 佐藤直樹  プロデューサー: 有重陽一/ 野間清恵/ 川上竜生  製作代表: 小餅憲一  エグゼクティブプロデューサー: 馬場清  アソシエイトプロデューサー: 山本章  脚本: 栗原裕光  撮影: 鈴木一博  美術: 新田隆之  編集: 大永昌弘  音楽: 林祐介  音楽プロデューサー: 和田亨  主題歌: ゴスペラーズ  『青い鳥』   出演: 夏帆/ ゴリ/ 石黒英雄/ 徳永えり/ 亜希子/ 岩田さゆり/ ともさかりえ/ 間寛平/ 薬師丸ひろ子/ ゴスペラーズ/ 吉川まりあ/ 山本ひかる/ 矢部裕貴子/ 粕谷佳五/ 七枝実/ 江畑浩規/ KUMAMI
 
 笑いあり、涙アリの青春映画の傑作。
描かれる題材は「合唱」。
地味でダサいイメージの「合唱」に情熱を燃やす高校生たちの姿が爽やかだ。
とくにヤンキー高校生たちが力の限りに歌う「15の夜」には涙が流れた。
こんな意表をつく描き方もあったのだ。
「合唱舐めてんじゃねえぞ!」「一生懸命な姿を恥ずかしいと思う奴は、一生ダセェまんまだ!」
ゴリ演じるヤンキー高校生のリーダー権藤が叫ぶ、クサいほどのセリフがダイレクトに胸に響いてくる。
それを空々しく感じさせないゴリの演技は素晴らしい。
「嫌われ松子の一生」でアレッと思わせるような存在感を見せていたが、この映画で、さらにその演技の確かさとキャラクターのおもしろさに気づかされた。
今後は貴重な存在の俳優として、独自の地位を確立していくにちがいない。
また主役の女子高校生を演じた夏帆も素晴らしい。
自意識過剰な勘違い娘を、嫌味にならず可愛く演じていて好感がもてる。
「合唱」に疑問を感じ、迷いながらも成長していく姿に、今時の高校生のリアルな姿を見たように思う。
映画を観た後は、自分もいっしょになって歌を歌い切ったような充実感を感じた。
清々しい印象を残した青春映画であった。

 
 
INDEX
BACK
NEXT
 
 
 
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー