2003年1月8日
 
 
 
THE MAN WHO WASN'T THERE
バーバー
 2001年アメリカ作品

 
監督/脚本: ジョエル・コーエン 製作/脚本: イーサン・コーエン 
製作総指揮: ティム・ビーヴァン/ エリック・フェルナー 
撮影: ロジャー・ディーキンス 音楽: カーター・バーウェル 
 ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト 
 ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 
出演: ビリー・ボブ・ソーントン/ フランシス・マクドーマンド 
 ジェームズ・ガンドルフィーニ/ アダム・アレクシ=モール 
 マイケル・バダルコ/ キャサリン・ボロウィッツ/ リチャード・ジェンキンス 
 スカーレット・ヨハンソン/ ジョン・ポリト/ トニー・シャローブ 

 「髪型を変えるように少しだけ人生を変えたい」(キャッチコピー)、理髪師エドのそんな思いつきが彼と彼に関わる人間たちの人生を大きく狂わせていく。 
 「ブラッド・シンプル」、「バートン・フィンク」、「ファーゴ」をミックスしたような味わいがあるフィルム・ノワールである。 
 主演はビリー・ボブ・ソーントン。 
 1作ごとに違った顔を見せる彼らしく今回もまた新しい顔を見せてくれる。 
 しかもそれが、個性的なキャスティングで楽しませてくれるコーエン兄弟の映画ということで、さらに凝り方にこだわりを感じさせる。 
 無口でダンディーな理髪師エド・クレイン。 
 独特の髪型と清潔そうな白衣、いつも身だしなみよく、くわえ煙草をくゆらす姿はハンフリー・ボガードを彷彿とさせる。 
 だが一見ハードボイルドでかっこよく見える彼が、実は底抜けのダメ男という強烈な皮肉。 
 そしてその浅はかな人生設計が少しづつ微妙にずれて、ついには大破綻の結末へ。 
 その運命の不条理さこそが、コーエン兄弟の真骨頂。 
 妻の不倫、そこから思いついた浅はかな犯罪計画、ドライ・クリーニング開業を餌にした単純な詐欺、その見え透いた手口にいとも簡単にはまってしまうエド・クレインを見ていると、まるで見えない糸に操られているかのようだ。 
 あらかじめ用意されていたそんな皮肉な運命を、彼はあるいは予感していたのかもしれない。 
 どんな場面に遭遇しても、ほとんど表情を変えないニヒルな彼を見ていると、確信のようにそう思ってしまう。 
 人生を早々と降りてしまった男の悲喜劇、そんなアンニュイな気分を、かすかに色を感じさせるモノクロのような画面と、ゆったりとしたピアノの旋律(モーツァルトやベートーヴェンの曲)が、さらに掻き立てる。 
(2003/01/12)
 
 
  
 
 
INDEX
BACK
NEXT
 
 
 
 
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー