2010年6月8日
 
 
フィッシュストーリー
 
 
2009年日本作品。  上映時間112分。 監督: 中村義洋 プロデューサー: 宇田川寧/ 遠藤日登思 原作: 伊坂幸太郎 脚本: 林民夫 撮影: 小松高志 美術: 仲前智治 編集: 大畑英亮 音楽プロデューサー: 斉藤和義 出演: 伊藤淳史/ 高良健吾/ 多部未華子/ 濱田岳/ 森山未來/ 大森南朋/ 渋川清彦/ 大川内利充/ 眞島秀和/ 江口のりこ/山中崇/ 波岡一喜/ 高橋真唯/ 恩田括/ 石丸謙二郎/ 中村有志/ 芦川誠/ 野仲イサオ/ 大谷英子/ 田村圭生/ 草村礼子/ 上田耕一
 
落語の三題噺のような映画である。
ただしここでの題は3つではなく、映画「ベストキッド」、「沈黙の戦艦」、「アルマゲドン」、そしてパンクロック、さらに原作者、伊坂幸太郎自らの小説「終末のフール」の5つの題を繋ぎ合わせた物語である。
「FISH STORY」とは「ホラ話」という意味である。
まったく関係のないエピソードを強引に繋げて作った「ホラ話」。
まさに「風が吹けば桶屋が儲かる」式の話であるが、それが最後にピタリと繋がったときの快感は、やはり井坂ワールド独特のものだ。
最初に観た時には途中で少し退屈しかけたが、最後の謎解きになると一気に映画の世界に引きずりこまれた。
そしてさらにもういちど観なおしたときは、感動ではからずも涙を流してしまったのである。
作中で大森南朋がつぶやくセリフ、「そういうことって、あってもいいんじゃないのかなあ」という言葉に素直に頷いてしまった。

日常の小さな出来事が、時間空間を越えて繋がって、最後は人類滅亡の危機を救うという壮大な物語を観ていると、意味のないように思える日常の出来事が、とても大切なことに思えてくる。
大げさに言うならば、そうした小さな積み重ねが地球規模のものにも繋がっているということだ。
そう思うと、なぜか強く勇気づけられるような気がしてくるから不思議だ。
そしてあだやおろそかにはできないな、とあらためて考えさせられた。

音楽担当は斎藤和義、彼の作った主題歌「FISH STORY」が劇中何度も繰り返して歌われるが、「ぼくの孤独が魚だったら」というフレーズとともにこの曲がいつまでも頭から離れない。

監督は中村義洋、「アヒルと鴨のコインロッカー」に続く伊坂幸太郎作品の映画化である。
<2010/6/10>

 
 
INDEX
BACK
NEXT
 
 
 
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー