私の好きな監督たち NO.8
 
「巨匠たち2」
 
 
 
 
フランク・キャプラ/ FRANK CAPRA
 
 
1896年、イタリア、パレルモ生まれ。1991年死去。
 
 
 
1896年イタリアのシチリア島パレルモで生まれる。  
6歳のときに家族と共にアメリカへ渡り、後に映画界に入る。  
初めは喜劇のギャグ・マンとしての出発であったが、監督した数本の映画が認められ、コロンビア映画へと引き抜かれることになる。そしてそこで後にキャプラ・タッチと言われる作風を確立し、「ある夜の出来事」「オペラ・ハット」「わが家の楽園」と3度のアカデミー監督賞に輝いている。  
まっすぐな正義感と明るいユーモアで社会を風刺し、そこから健康的な笑いと喝采を引き出す手腕はまさに名監督の名にふさわしい。  
その底抜けの楽天主義、アメリカン・ドリームの物語には誰もが心暖められる。 
そこには貧しいイタリア移民の子として育った彼のさまざまな苦労が裏打ちされている。 
だからこそそのストレートで肯定的な物語はわれわれ観客の心を強く打つ。 
古き良き時代のアメリカの良心を描き続けたアメリカを代表する名監督である。 
 
 
主要作品
 
 
一日だけの淑女(33) ある夜の出来事(34) オペラハット(36)
失われた地平線(37) わが家の楽園(38) スミス都へ行く(39)
群衆(41) 毒薬と老女(44) 素晴らしき哉、人生(46)
 
キャプラ作品集
 
 
 
  
 
 
 
 
ジョン・フォード/ JOHN FORD
 
 
1895年、アメリカ、メイン州ケープ・エリザベス生まれ。1973年死去。
 
 
主要作品
 
ハリケーン(37) 駅馬車(39) 怒りの葡萄(40)
タバコ・ロード(41) わが谷は緑なりき(41) 荒野の決闘(46)
アパッチ砦(48) 三人の名付親(48) 黄色いリボン(49)
幌馬車(50) リオ・グランデの砦(50) 静かなる男(52)
ミスタア・ロバーツ(55) 捜索者(56) 騎兵隊(59)
馬上の二人(61) リバティ・バランスを射った男(62) シャイアン(64)
 
フォード作品集
 
 
 
  
 
 
 
 
デビッド・リーン/ DEVID LEAN
 
 
1908年、イギリス、クロイドン生まれ。1991年死去。
 
 
 主要作品
 
逢いびき(45) 大いなる遺産(46) オリバー・ツイスト(48)
旅情(55) 戦場にかける橋(57) アラビアのロレンス(62)
ドクトル・ジバゴ(65) ライアンの娘(70) インドへの道(84)
 
デビッド・リーン作品集
 
 
 
  
 
 
 
 
ルネ・クレマン/ RENE CLEMENT
 
 
1913年、フランス、ボルドー生まれ。
 
 
  
主要作品
 
鉄路の闘い(45) 海の牙(46) 鉄格子の彼方(49)
禁じられた遊び(52) しのび逢い(54) 居酒屋(56)
生きる歓び(60) 太陽がいっぱい(60) 危険がいっぱい(64)
雨の訪問者(70) パリは雨にぬれて(71) 狼は天使の匂い(72)
 
 
 
  
 
 
 
 
フェデリコ・フェリーニ/ FEDERICO FELLINI
 
 
1920年、イタリア、リミニ生まれ。1993年死去。
 
 
 
 主要作品
 
(54) (55) カビリアの夜(57)
甘い生活(60) 81/2(63) 世にも怪奇な物語(67)
サテリコン(70) フェリーニの道化師(70) フェリーニのローマ(72)
フェリーニのアマルコルド(74) オーケストラ・リハーサル(78) ジンジャーとフレッド(85)
 
フェリーニ作品集
 
 
 
 

 
 
BACK
 
NEXT
 
DIRECTER INDEX
 
 
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー