1998年12月
 
 
 
 
 
12/3 スターシップ・トゥルーパーズ
(97アメリカ)
 
  

 
監督 ポール・バーホーベン 原作 ロバート・A・ハインライン
脚本 エド・ニューマイヤー 撮影 ヨスト・ヴァカーノ
音楽 ベイジル・ボールドゥリス 美術 アラン・キャメロン
出演 キャスパー・ヴァン・ディーン/マイケル・アイアンサイド
ディナ・メイヤー/デニース・リチャーズ/ジェイク・ビュジー 
 
  
 
 
 
 
12/3 追跡者
(アメリカ)
 
 
 
 「逃亡者」でハリソン・フォードを執拗に追い続けたジェラード警部(トミー・リー・ジョーンズ)を主人公に「逃亡者」の続編として作られた作品である。 
 監督は「エグゼグティブ・デシジョン」で緊迫したサスペンス・アクションを撮ったスチュアート・ベアードである。 
 そしてウェズリー・スナイプスとロバート・ダウニーJrが共演というなかなか豪華なチームである。 
 だがこの組み合わせにしては作品の出来はいまひとつである。 
 娯楽作品としてはそこそこ楽しめる内容にはなっているが、この顔ぶれを見れば、この程度では満足しきれないというところだ。 
 「エグゼグティブ・デシジョン」同様、ここでも旅客機を使った大がかりなサスペンスが見られ、さすがに手堅く、緊迫した画面を楽しめるが、「逃亡者」「エグゼグティブ・デシジョン」両方の二番煎じとしか思えない。 
 こうした続編になれば、やはりもうひとひねりもふたひねりもしなければファンが納得しないということだろう。 
  

 
監督 スチュアート・ベアード 脚本 ジョン・ボーグ
撮影 アンジェイ・バートコウィアク 音楽 ジェリー・ゴールドスミス
出演 トミー・リー・ジョーンズ/ウエズリー・スナイプス
ロバート・ダウニーJr/イレーヌ・ジャコブ
  
  
 
 
 
 
12/10 バウンス ko GALS
(97松竹)
  
  
  
 「KAMIKAZE TAXI」の原田真人監督が女子高生の援助交際を題材に描いた青春映画である。 
 けっこう評判のいい映画ということでレンタルしてみたのだが、冒頭モデル出身の佐藤康恵が高校の廊下をふてくされて歩くシーンで早々と白けてしまった。 
 青春映画でこういう手垢のついた演技を見せられるともう気恥ずかしくなって拒絶反応を起こしてしまう。 
 こうなるとよほどの逆転ヒットがないかぎり映画に気持ちが入っていかないのだが、結局それがないままで映画は終わってしまった。 
 渋谷で知り合った3人の女子高生が盗まれたアメリカ行きの資金を稼ぐことで友情を感じ合うという話自体にそもそも興味をもてないのだから仕方がない。 
 役所広司や桃井かおりが登場してくるとさすがに画面が引き締まるが、それでも逆転ヒットというわけにはいかないのだ。 
 ただ3人の女子高生のひとりである佐藤仁美が存在感があってなかなかいい。 
 さらに彼女をとりまく名もなき女子高生たちも同様に活きがいい。 
 おそらく実際の女子高生を使っているのだろうが、いかにも現代の女子高生そのままといったところがなかなかいい。 
 こういう子たちを主役に据えればもっと違った映画になっていたのではなどと考えてしまった。 
  

 
監督・脚本 原田眞人 撮影 阪本善尚 音楽 川崎真弘
出演 佐藤仁美/佐藤康恵/岡元夕紀子/役所広司/桃井かおり
 
 
 
 
 
 
12/17 ノートルダムの鐘
(97アメリカ)
 
  


  
監督 ゲイリー・トゥルースデイル/カーク・ワイズ 原作 ビクトル・ユゴー
脚本 タブ・マーフィー/アイリーン・メッキ/ボブ・ツディカー
ノニ・ホワイト/ジョナサン・ロバーツ 音楽 アラン・メンケン
 
 
 
 
 
 
12/17 レイン・メーカー
(98アメリカ)
  
 
詳細データ
  
 
  
 
 
 
12/21 アルマゲドン 
(98アメリカ)
  
 
詳細データ
 
 
  
 
 
 
12/23 バタフライ・キス
(95イギリス)
 
 

 
監督 マイケル・ウインターボトム
脚本 フランク・コトレル・ボイス 撮影 シェイマス・マクガーヴェイ
出演アマンダ・プラマー/サスキア・リーブス/リッキー・トムリンソン
 
 
 
 
 
 
12/23 アリゾナ・ドリーム
(92フランス)
  
  
 
製作総指揮 ポール・r・グリアン 製作 クローディ・−・オサール/イブ・マルミオン
監督 エミール・クストリッツァ 脚本 デビッド・アトキンス
撮影 ビルコ・フィラッチ 音楽 ゴラン・ブレコビッチ
出演 ジョニー・ディップ/ジェリー・ルイス/フェイ・ダナウェイ
リリ・テイラー/ビンセント・ガロ/ポーリーナ・ポリスコワ
 
 
 
 
 
 
12/23 ピクニック・at・ハンギングロック
(75オーストラリア)
  
 
 
製作総指揮 パトリシア・ラベル/ジョン・グレイブス
製作 ハル・マッケルロイ/シム・マッケルロイ
監督 ピーター・ウィアー 原作 ジョアン・リンジー 脚本 クリフ・グリーン
撮影 ラッセル・ボイド 音楽 ブルース・スミートン
出演 レイチェル・ロバート/ドミニク・ガード/ヘレン・モーゼ
 
 
 
 
 
 
12/23 地の涯てに生きるもの
(60東宝)
  
 
詳細データ
 
 
 
 
 
 
12/27 スター誕生
(76アメリカ)
 

 
詳細データ
 
 
 
 
 
 
INDEX
BACK
NEXT
 
 
 
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー